トピックス一覧へ
2018.05.07

牧野雄作氏、株式会社一休「一休.comの高級別荘予約サービス」

5月25日(金)本EXPOご登壇予定の牧野雄作 株式会社一休 宿泊事業本部営業部バケーションレンタルマネージャーにお話を伺いました。

 

 

バケーションレンタルという新しく健全な市場

 

事務局 本EXPOにご登壇を決めた理由についてお聞かせください。

 

牧野氏 バケーションレンタルという新しく健全な市場がある、ということを知ってほしいという気持ちで登壇を決めました。

 

事務局 バケーションレンタルとの関わりはどのような経緯でしょうか。

 

牧野氏 営業で日本全国を飛び回っている中で、上質な古民家や別荘が各地域にあるということを知りました。海外では豪邸をレンタルするニーズがあることは認識していたので、近い将来日本にもバケーションレンタルの時代が来ると思っており、2016年4月にプロジェクトチームを立ち上げ、2016年11月に日本初の高級別荘予約サイトをローンチし取り組みを本格化しています。

 

事務局 現在の取り組みに関してお教えください。

 

牧野氏 一休.comのバケーションレンタルではオシャレな別荘や上質な古民家、コンドミニアムなどの通常のホテルや旅館とは異なる選択肢を提案しています。

 

幅広いニーズの利用、沖縄・湘南・館山に注目

 

事務局 これからのバケーションレンタルに関して期待していることはいかがでしょうか。

 

牧野氏  新規参入する企業や個人が増えて、市場が活発になることを期待しています。大人数でも泊まれることに加えて、「宿泊」だけでなく「合宿」や「キッチンを使ったパーティー」など、認知度が広がるとともに幅広いニーズで利用されていくと思います。すでに海外ではそうした宿泊の形態が当たり前となっており、日本においてもおそらくすぐにそのようなことが起きてくると大きな期待をしています。

 

事務局 注目している地域や事例などはございますか。

 

牧野氏 沖縄が土地代の観点でも投資コストが低いことから、法人にとって新規参入しやすく、レジャーも盛んな地域なので最注目です。

また、関東近郊の湘南は別荘地でありながら、おしゃれな別荘が稼働しないままになっていることも多く、東京から近く、既存の宿泊施設が少ないなどのことから注目しています。同様に、千葉の館山も物件の規模が大きく可能性を感じます。

 

ユニークな豪華バケーションレンタルの世界観

 

事務局 今回のセミナーテーマと概要についてお聞かせください。

 

牧野氏 「一休.comの高級別荘予約サービス」

一休.comバケーションレンタルのサービス概要と掲載事例・成功事例を紹介いたします。

弊社の予約管理システムをオーナー様に提供することで、上質な体験を求める一休会員(約600万人)を中心に販売が可能です。またバケーションレンタル分野の専用サイトとしての特徴や強みを説明します。

 

事務局 本EXPOでの伝えたいポイントはどのような点でしょうか。

 

牧野氏 とてもユニークで豪華なバケーションレンタルの世界観をお伝えしたいと思います。物件オーナー様やバケーションレンタルに泊まってみたいと考えている方に是非聞いてもらいたいと思います。宜しければ、弊社サイトを合わせてご参照いただければ幸いです。

物件の紹介やご相談も可能ですので、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

 

事務局 ありがとうございました。当日を楽しみにしております。

 

 

牧野雄作氏プロフィール

2007年株式会社一休に入社。日本全国の高級ホテル・旅館の営業を担当し、2013年に旅館リゾートホテルの営業マネージャーに就任。

2016年11月に日本初の高級別荘予約サイト「一休.comバケーションレンタル」を立ち上げる。